さようなら、姫さん。

[描写:愛しい姫さんに手短いさようなら。]

そろそろ時間だね。
姫さんに会えてよかった。
将来、きっと会いたくなってしまう。
けど。。。姫さんはこの世界の者じゃない。ね?
だから、今戻らなくちゃ。
僕の手、離して。。。
そう。。。さあ、帰って。
さようなら。。。姫さん。

悲しい笑顔

[描写:大切な友達が毎日作り笑いしたら、何を言ったほうがいい?」

おっす。会ってくれてありがとうな。
へっ。。。言いたいことあるけど、言い方よくわかんねえ。。。
まあ、早く言ったほうがいいな。。。
君が幸せじゃないってこと、見えるよ。
僕の話、君はもう分かってるね。
他の友達もはっきり見える。
朝は、君の目が赤くて、下にくまがある。
静かに泣くようにしても、お手荒からの鳴き声も聞こえる。。。
僕は。。。いや、僕たちは大切にしてるよ。よく覚えてほしいんだ。
そんなに笑顔するな。。。あの人のために。
涙が出るながら、作り笑いするなよ。

君の声は虹色だ。

[描写:君の声の感情が虹色です。]

ん?どうした?聞きたいことあるって?
。。。えっ?「声の色」か。。。
まあ、君の声の色って、一つだけで説明できないだろう?
ちょっと考えさせてね。
時々、君の声、黄色のようだ。ウキウキして、うれしくて、わくわくする。
悲しく泣いてるときには、暗くて灰色のようだ。
怒ってるときは赤だね。へへっ。。。
そして、穏やかな声が。。。多分晴れた日の空色。
でも、他の色がいっぱい。
へへっ。。。それ、恥ずかしすぎたかな。。。
もう一つ言いたいことがある。
君は好きじゃなくても、僕が君の声の色、全部大好きだ。

君はかわいい

[描写:かわいい人に「君はかわいい」と言ったときに、その人は信じられないかもしれない。その場合には、もう一度行ってみたほうがいい。]

君はかわいい。
えっ?君はかわいいって!
なんだ?どうして驚いたの?
ぶすって言ったか?
クッ。バカなの?
どうして僕を信じられないの?
僕はね、超かわいい女の子たちだけにこんな言葉を言うよ。
まあ、いい。もう一度言う。
君は。。。か…わ…い…い。へへっ。

バレンタイン・デーのデート

[描写:バレンタイン・デーのデートは楽しいだね!次のデートの時に、こんなことをしてみて~!]

(クスクス) 今日は楽しかったわ。
「なぜ?」って?
まあ、今日は色々なことしたでしょう?
まずは、今朝、行きたいデパートに一緒に行った。
ペットショップでの子犬はかわいいだね!
その子犬と遊んだ時に、嬉しそうだった。
その後で、海に行ったね。
日光に浴びるのは気持ちよかったよ!
そして、昼ご飯はとてもおいしかったよ!
その景色は本当に美しかったわ。
それで、今は遊園地で観覧車に乗っている。。。
今夜、都市の景色は最高だ!
星空の中にいるみたいねえ。
ロマンチックでしょう?
今日の一緒に作った思い出をずっとずっと覚えているよ!
(クスクス) もし暇があったら。。。またすぐデートしようね!

朝の挨拶

[描写:学生の朝の挨拶、モノローグ集。男性用と女性用もある。]

[男性用]

『ふつう』
(欠伸) おはようございます。
終末はどうだった?楽しかったならいいなぁ。
あっ!遅刻だ!今教室へ行かなくちゃ!また後でね!

『元気』
おはよう~!
やっと月曜日だね!また君に会えてうれしい!
(どもるように) あ…あの。。。えーと。。。学校に戻るからうれしいんだよ!

『眠い』
(大あくび) おっす。
(うめき声) くそ、まだ眠い。。。朝嫌いだよ。。。
お茶、飲みたい。起きること、手伝えよ。
。。。お茶、買ってくれ。

[女性用]

『ふつう』
おはようございます。
終末終わって残念だわ。
でも、今週も頑張ろうね!

『ワクワク』
おはよう!
学校へ行く途中で、電車から見たよ!
今日も一緒に楽しましやうね!

『小生意気?』
おはよう~
2人だけのお弁当を作ったんだよ~!
後で、外で会いましょうね!

まだ起きてない?

[描写:ヤンデレ的なセリフ。知らない部屋に起きる瞬間に、捕獲者は何を言う?]

フフフっ。。。
おはよう。。。それとも、「こんばんは」だね。
この部屋の中には、何時かわからないけど、今は夜。
。。。もう数時間寝てたよ。
ん?もちろん、私はずっとここにいたんだ。
安らかに寝たあなたを見てたよ。
あなたの寝顔は美しいね。。。
あなたを。。。永遠に寝させるかも。。。ね?