天国で。。。起きる

[描写:女の子は交通事故で死んで、天国に行った。天使は、現世の魂を守るために生まれる。]

: (思い) グッ。。。この光はまぶしすぎ。。。

: (小さい声で) 起きて。。。

: グっ。。。え?ここは。。。どこ?なぜここ真っ白なの?

: ねえ。。。ねえ、今僕が見えますか?

: ん?ああ、うん、見える。

: ああ、よかったです。痛みますか?

(女はまっすぐに座る。)

: グっ。。。いいえ、大丈夫。ここはどこ?それで、あなたは誰?

: この世界は。。。ある魂が安らかなるところです。遺憾ながら。。。あなたは死んでいます。少し前に、交通事故で死にました。

: ハーっ。。。そう。。。そうか。私の友達は?私友達も。。。死んでいるの?

: いいえ。今は入院しています。

: まあ、それはよかったね。で、なんで私はここにいるの?

: この遠い場所から見ました。友達を守りながら、あなたは死んだと思います。ですから、あなたは天国に来ました。私達は天使です。現世に生きている魂を守るために生まれました。

: じゃあ、ここから友達を見守れる?

: はい。僕の死に対処している方法です。

: 分かった。さて、現世の魂を守らせてください。

付き合ってみてほしいなら。。。

[描写:A子(男)はB子(女)に告白してみたけど、B子は彼の気持ちが信じられない。でも、A子はあきらめない。]

A: あなたのこと、好きだ。

B: クっ。。。告白するために呼び出したのか?ふざけないでよ。

A: え?どういう意味?

B: どうやってそんなに簡単に言えるの?

A: 本気だからよ。

B: でもなぜ?どうして私のような女の子が好きなのか?

A: まあ、不愉快な人じゃないと思う。

B: どういうこと?私は頑固だし、皆と言い争うし、私に近寄る人に冷たいんだ。私達は長い間の友達だけど、誰かが。。。特にあなたが。。。私のこと好きになる理由がない。本当じゃないと、そんなこと言わないでください。

A: そう。。。ですか。そんなこと言うと思わなかった。でも。。。君が言う通りに、僕らは長い間の友達だ。僕はあなたの笑い顔とか泣き顔とか起こった顔とか見たんだ。僕は。。。僕は君が見せた全部が好きになったんだよ!僕のこと、好きにならせない。。。それが分かってる。でもいつか付き合ってみてほしいなら。。。僕はいつもここにいるよ。

将来は何をする?

[描写:将来何になりたい?人を暗闇から助けたいと思う。]

「将来、何になりたいですか」って。。。
ん、知らないね。人を救い出したいと思うよ!
消防士とか海の監視員とかじゃないけど。
いや。人々の秘めた悩みを直したいと思う。
誰かに暗闇から助けられたこと、覚える。
今の私が見える世界を誰かに見せたいんだ。
この世界は美しい。
誰かがこの世界をもう一度見えなかったら、それは惜しいだよね?