地獄で。。。起きる

[描写:男の子が殺されて、地獄へ行った。悪魔は、現世の魂を困るために生まれる。]

: グーっ。。。あ…あつい!

: フフフっ。。。。。

: 誰だ?!

: フフフっ~

: お前は誰だ?!ここはどこだ?!出て来い!

: ここはどこって。。。バカじゃないの?目を開けろ!周りを見ろよ!何を見てる?

: あ…あたり一面に火が焼いてる。。。!俺はどうやってここに。。。?!

: フフっ!もう死んでるわ!たまたま地獄へ来てしまったのよ~!

: じ…地獄へ来たって、どういう意味だ?!

: あなたの死、覚えられないらしいね。嫉妬心に駆られて、あなたは友達を37回刺したこと見たわ!そして、そのうち、デパートのお手洗いで殺されたんだ!フフっ。。。情けないね。

: 俺。。。今覚えてる。あいつは俺の彼女奪ったよ!それで完全犯罪だったのよ!刑事たちは俺に疑ったけど、攻めることできなかった。でもなぜ。。。なぜ俺が殺されてしまったんだ?!

: ん。。。今あなた、怒ってるね。まあ、地獄に住んでるものは、現世に生きてる魂に困らせる義務を持ってる。もちろん、あなたは私と同じものだから。。。

: クククっ。。。なるほど。そうならば、俺を連れて行って、教えてくれ。最初は、自分の仇を討って。。。そして、この俺の新しい役目を立つ!

あなたのこと、嫌いだ。

[描写:時々、自身を持ちすぎる人がある。そんな人は一番嫌いだ。]

最近、僕が想像した会話があるんだ。
「あなたのこと嫌いだ」と冷静に言う。
それで、あなたは「なぜ?」と言う。
悲しくに言ったなあ。
もちろん、あなたのかわいそうな顔を見た後で、説明するよ。
ククっ。。。当たり前だろう?
能力に自信があるけど、成果を見せられない。
あなたはいつも僕に来て、「成功」と呼ぶことについて話す。
もちろん、真情を隠す。
「ふ~、おめでとう!」と言って。。。
でも、心の中に一人にしておいてほしいだけだ。
あなたの「成功」は失敗なんだからさ。
あなたのような人は一番嫌いだ!
何でもすることは成功と呼ぶにはまだ100年早すぎだよ!
ハーっ。。。ちょっとイライラしてきた。。。
まあ。。。今言うならどうだ?
ククっ。。。あなたのこと、本当に嫌いだ。